医薬品・医療器械の輸出入、治験、臨床試験の受託及び食品開発、品質、管理業務   


“2019年度 板橋 チャリティーゴルフトーナメント”が開催されました

成都伊藤洋華堂 マグロの解体ショー成都伊藤洋華堂 マグロの解体ショ成都成都伊藤洋華堂 マグロの解体ショー板橋貿易と味の素との初の学会共同出展板橋貿易と味の素との初の学会共同出展板橋貿易と味の素との初の学会共同出展“2019年度 板橋 チャリティーゴルフトーナメント”が開催されました

(2019.11.6)
2019年10月27日に、2019年度 板橋チャリティーゴルフトーナメント(盲導犬)が大連西郊カントリーゴルフクラブにて開催されました。
チャリティーに熱心なゴルファー達が集まり、素晴らしいゴルフ大会が行われました。
本ゴルフ大会は、盲導犬チャリティー事業を支援する主旨で行われました。

大連板橋医療器械有限公司は、ゴルフトーナメントと慈善活動を組み合わせることで、多くの方々に盲導犬に関心を持っていただき、積極的に盲導犬チャリティー事業に参加していただきたいと考えています。
多くの方々の愛と理解で、障害をもつ方々の生活がより良くなるように呼び掛けています。

孫政基総経理(右)からのスピーチ
本チャリティー主催、大連板橋医療器械有限公司の孫政基総経理が、開会式でスピーチを行いました。
まずご参加いただいた全てのゲストに感謝し、「ゴルフクラブでボールを前に進めるように、本活動も一歩一歩前に進むべきだ。」と述べました。
また、「大連盲導犬基地と密に連携して、社会的責任を引き受け、慈善精神を実践し、社会の暖かさと前向きなエネルギーを伝えたい。」とも述べました。
 
5時間近くのプレイで、参加者はクラブを振りながら、愛と喜びを分かち合い、友情と満足を得ることが出来ました。
何度も振られるクラブには、愛と心の高揚がありました。
本大会は、ドラゴン賞、ニアピン賞、ベストグロス賞、優勝、準優勝、3位など、8種類の賞がありました。

大連盲導犬基地責任者(左)と板橋貿易株式会社社長板橋達郎(右)
授賞式後の宴会では、主催者の大連板橋医科器械有限公司が盲犬の基地に100,000人民元を寄付しました。
これまでの6年間で、600,000人民元を寄付しています。

大連板橋医科器械有限公司は、公共福祉の実践と積極的な社会的貢献において、大連板橋は貴重な役割を実証してきました。
引き続き盲導犬事業のチャリティー活動に全力で取り込んで行きます。

板橋の社会福祉への歩みは、決して止まることがありません!


板橋貿易株式会社

〒104-0061
東京都中央区銀座2-11-4

TEL 03-3248-1006
FAX 03-3248-1028